銀行やカード会社で利用できるデンタルローン

subpage01

歯科治療でも保険が適応されないものもあり、代表的なものとしてインプラントが挙げられます。失った歯の代替治療であるインプラントは高い審美性や咀嚼性を見込める反面、自由診療なので1本あたり数十万もの治療費を負担する必要があります。

高額な治療費は誰でも支払えるわけでなく、人によって所得の理由から施術を諦める例も少なくないと言われます。そうした人のために作られたのがデンタルローンという立替払制度であり、利用目的が歯科治療にのみ限定されてるのが特徴です。

本物のデンタルローンの情報を求める人におすすめのサイトです。

信販系のカード会社や銀行と歯科施設が提携して、患者の治療費を一時的に支払い後日分割で返済していくのが大まかな内容です。

ガジェット通信のことならお任せください。

一般にデンタルローンはカード会社が提供することが多く、銀行は提供数はやや少ないと言われます。デンタルローンは利用目的が限定されることから、金利が低く返済回数が長く高額な費用でも負担が少なく返済できるメリットがあります。


銀行でのキャッシングなどは少額なら問題ないですが、高額になると返済負担が大きくなりがちです。
この他デンタルローンは総量規制の対象外であったり、医療費控除の対象になるという利点もあり歯科治療を利用する人の手助けになるでしょう。
それでもローンと名のつくように利用時には必ず審査が必要であり、少なくとも20年以上で安定した収入を持つ人が条件とされます。



未成年者や複数の会社にお金を借入れている人は、条件に合致せずローン利用ができないので気をつけるべきです。