デンタルローンを銀行で組みたい場合

subpage01

デンタルローンは、歯医者さんの窓口から申込みをするというイメージがありますが、実は銀行でもデンタルローンを用意していることがあります。

歯科矯正デンタルローンのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

デンタルローンを用意している銀行はまだまだ少ないですが、仮審査への申込みならインターネット上で完結することも多いので、まずは銀行で申込みをしてみるのも良いでしょう。

@niftyニュースに関する最新情報はこちらです。

銀行で借りることのメリットは、金利が低いということになります。
歯医者さんが提携している信販会社のデンタルローンの場合、金利はやや高めになるので、よく比較をしておき、十分に納得をしてから借りるようにしましょう。

10万円〜20万円程度を借りる場合にはそれほど差がつかないことも多いですが、50万円以上を借りる場合には、利息の差がとても大きくなることがあります。

手間をかけてでも、銀行で借りておけばよかったと後悔をする人もいます。

住宅ローンを借りている人は、カードローンで優遇金利を受けられることも多いので、カードローンで借りるという選択肢もあります。


優遇金利を受けたカードローンならば、信販会社のデンタルローンよりも金利が低くなることもあります。

審査はそれほど厳しくはないという意見もありますが、低い金利で借りるほど、審査の難易度は上がる傾向があります。よほど自信がある人をのぞいて、なるべくお金を用意しておくようにしましょう。
例えば、インプラント治療で100万円がかかるとして、自分で半分の50万円を用意できれば、かなり審査の通過率を上げることができるでしょう。