銀行で扱うデンタルローン利用の流れ

subpage01

銀行では、お金の使い道を限定して融資を行うローン・目的ローンを取り扱っています。

銀行で扱う目的ローンのひとつに、デンタルローンというローンがあります。


デンタルローンは、その名前にあるように歯科医院の治療費特化で融資を行うローンです。
歯科医院の治療の中で、審美歯科の治療・インプラント治療・歯並びや噛み合わせの矯正・見た目のきれいな素材を使った一般歯科治療など、健康保険が適用されず高額となってしまう自費治療を受ける方のために用意されています。

お勧めの学生のデンタルローンのお得情報を公開します。

デンタルローンの申し込み資格は、銀行により若干異なりますが20歳以上で安定収入のある方とされているのが一般的です。

しかし、未成年者や学生の方が矯正治療を受けたり、主婦や年金生活をしている方が歯科で自費治療を受けるといったケースでも、保護者や家族に連帯保証人になってもらうことで利用できます。

ロケットニュース24情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

デンタルローンは、ローンの仕組みとしては一括立替払いのローンにあたります。

一括立替払というのは、銀行が最初に自費治療費の全額を歯科医院に支払い、患者さんは分割払で治療費や利息を銀行に返済する仕組みのローンです。
よってこのローンを利用すれば、高額の自費治療の費用をすぐに一括で準備できなくても治療を先延ばしにしなくてすみます。治療費は、歯科医院に直接振り込まれるケース、患者さんの口座に一旦振り込まれるケースとプランによってさまざまです。



契約申し込みの際には分割払いの回数を選択しますが、他のローンに比べて支払い回数を多く設定できるので毎回の負担が少ないのがデンタルローンの特徴です。