低金利・長期返済が魅力のデンタルローンとは?

subpage1

デンタルローンとは、歯の治療に特化した目的ローンのことです。


インプラントや矯正歯科治療のように、自由診療では全額自己負担となるので、治療費が非常に高額になりがちです。そのため泣く泣く治療を諦める方もいらっしゃいます。
そこでお役に立つのが低金利・長期返済可能のデンタルローンというわけです。

一流の銀行でデンタルローンの情報探しをお手伝いします。

さてデンタルローンは、信販会社と一部の銀行が扱っています。

通常のカードローンのように申し込み条件として、年齢が満20歳以上の方で安定した収入のあることが必要です。

なお信販会社によっては満18歳から申し込み可能で、親権者などの連帯保証人が必要です。

基本も充実したNAVERまとめ使いやすさが好評です。

融資限度額は概ね500万円までで、審査によって融資限度額が決まります。金利は、クレジットカードの分割払いよりも低めに設定されています。
銀行のデンタルローンの金利なら、年5%台のところもあります。

なお金利の他、分割手数料がかかる金融機関があります。申し込みは、歯科医院を通すパターンと直接信販会社や銀行に申し込む方法があります。
審査は最短即日に審査回答がもらえ、融資は直接歯科医院に支払われる場合と、申し込み者の口座に振込み、申し込み者が歯科医院に支払う場合があります。
返済は、最長60回~84回払いまでOKとなっています。
返済方法は、口座振替が一般的です。



なお金融機関によっては、一部繰り上げ返済や一括返済に対応しています。

最後に一番の問題は、自分が通っている歯科医院がデンタルローンを取り扱っているかどうかです。


治療に入る前にまずこの点を確認する必要があります。

わかりやすい情報

subpage2

歯科治療を受けていて、保険だから銀歯にしたけれど、本当は白い詰め物にしたかったという患者さんは意外と多くいます。銀歯は口を開けると目立ってしまいますし、きれいとは言えないからです。...

next

みんなの常識

subpage3

歯科治療でも保険が適応されないものもあり、代表的なものとしてインプラントが挙げられます。失った歯の代替治療であるインプラントは高い審美性や咀嚼性を見込める反面、自由診療なので1本あたり数十万もの治療費を負担する必要があります。...

next

医療の話

subpage4

デンタルローンは、歯医者さんの窓口から申込みをするというイメージがありますが、実は銀行でもデンタルローンを用意していることがあります。デンタルローンを用意している銀行はまだまだ少ないですが、仮審査への申込みならインターネット上で完結することも多いので、まずは銀行で申込みをしてみるのも良いでしょう。...

next

納得の知識

subpage5

銀行では、お金の使い道を限定して融資を行うローン・目的ローンを取り扱っています。銀行で扱う目的ローンのひとつに、デンタルローンというローンがあります。...

next